カテゴリー
news

体のサイン「舌」をチェック

食事をしたり、話をする時に「舌」は大きな役割をしています。中医学などでは舌診と呼ばれる診断法があり、舌自体の色や形を見ます。まずは自分の舌を鏡など見ながら状態をチェックしてみましょう!

白っぽい舌・・血液の量が不足しがち。鉄分不足で睡眠の低下など引き起こしやすくなります。疲れをためずに目を休ませたりしましょう。

歯形がついた舌・・体内に余分な水分が溜まっている状態です。いわゆる「舌のむくみ」と言われるものです。水分や塩分の摂り過ぎが原因の1つかもしれません。適度な運動を心がけましょう。

苔が多い舌・・胃腸が弱っていたり、疲れが溜まっているサインです。休養や睡眠を十分にとる事が第一です。

シワが多い舌・・体内の水分が不足しているサインです。また、体が熱っぽかったり炎症があると表面に出てきます。こまめに水分補給しましょう。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

お茶を嗜む会を開催

21日に北九州西観寺で護摩焚きとお茶を嗜む会を行いました。お手前で出す抹茶には、ウィルス性の病気への抗体や、ウィルスと戦う際に必要な抗酸化物質カテキンやタンニンが多く含まれ健康にとても良いと言われています。

お茶をよく嗜んでいた、茶人の野村財閥 野村徳七氏、阪急東宝グループ創始者の小林一三氏、松下電器創始者の松下幸之助氏。お三方共 百寿近くまでお元気でいらっしゃいました。

本堂で和やかに、ゆったりとした時間を通して仏様とのご縁を深めました。次回護摩焚きは28日に執り行います。法要の後は一服いかがですか。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

毘盧遮那如来

毘盧遮那とは、サンスクリット語で太陽に由来するものです。太陽のように大光明で全宇宙を照らし、永遠不滅の真理を表しています。毘盧遮那仏とか盧舎那仏とも呼ばれています。

姿かたちは他の如来と見分けがつきにくいのですが、毘盧遮那如来万物の中心にいる存在で、蓮華蔵世界の中心に住み、ハスに見立てた台座に坐っておられます。仏教の教えそのものを表した仏様です。

日本では東大寺にある「奈良の大仏」で親しまれています。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

暦の活用

暦はおよそ千四百年前に漢暦が伝えられてから、先人は政治上とても重要なツールとして活用してきました。暦は宇宙の法則そのもので、活用する事で進退の指針となり、今で言う「運命学」の要素を含む学問だと考えられていたからです。

世間には「悪いと言われた方位に移動したけれど何も起こらなかった」と暦から読み取る吉凶について、迷信だと一笑にふす人も多いと思います。日々の吉凶や方位なども、すぐに結果として現れるのではなく、本人の行いや生まれ星の働き、先祖への感謝、また、暦に通ずる学問の捉え方により作用の現れ方や時期に格差が出てくると考えています。千年以上も前に伝わる学問を批判せず、侮らず活用する事は転ばぬ先の杖になるのかもしれません。暦に馴染んで日々の生活の参考にしてみては如何でしょうか!

西観寺では暦の見方やご自身に合った開運法などのイベント講座も行っております。お気軽にお問合せください。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

護摩焚き法要

昨日10月28日は北九州市若松 西観寺にて護摩焚き法要を行いました。不動明王は大日如来様の化身とも言われています。大日如来様の大日とは「大いなる日輪」という意味で、密教では宇宙の真理を表し、宇宙そのものを指します。

すべての命あるものは大日如来様から生まれてきたものとされています。しかも大日如来様は慈悲の大日様と智慧の大日様がいらっしゃるのですよ!

今回ご縁いただき来寺されたサウンドセラピストの磯部久子さんがお持ちになられたシンギングボウルの音色に、参加の皆様も癒されたご様子でした。

次回は11月14日に仏様との楽しい行事を予定しております。是非お越しくださいませ。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

写仏

写仏をしているときは、自分の心の中にいる仏様と対話しているような気持になります。まるで瞑想をしている時のように、自分の中から不思議な感覚が湧き出します。とても気持ち良いのです。

自分の中にある仏様を写し出す事ができるのが写仏の醍醐味と言えます。北九州市若松の西観寺で体験できます。ご来院いただく際はご連絡ください。 093-751-2012

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

仏像の姿勢

皆さんが思い浮かべる仏像は立っていますか?座っていますか?仏像には大きく分けて4種類の姿勢があります。

①立像(りゅうぞう)両足を揃え立つ姿 ②坐像(ざぞう)座った姿。坐像にも半跏趺坐や降魔坐などがあります ③臥像(がぞう)北枕で横たわった姿。これは涅槃に入るお釈迦様の姿を表しています ④倚像(いぞう)台座などに腰かけて座った姿

寺院に行かれる際は仏像の姿勢にも目を向けてみましょう。自分なりの新しい発見がみつかるかもしれませんよ!

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

菩薩の特徴

菩薩とは「悟りを求める者」という意味と、「自らの悟りを求めるだけでなく他者も救済して悟らせる」という2つの意味があります。菩薩には性格を表す言葉があります。

1つは「上求菩薩(じょうぐぼさつ)」といい上に向かって悟りを求め日々修行すること。もう1つは「下化衆生(げけしゅじょう)」といい下に向かって皆々に仏の道を説いて救済活動を行うことです。

また菩薩様はとてもファッショナブル!例えば      *天衣(てんね)肩からショールのように長布を纏っている*宝冠(ほうかん)宝石が散りばめられた冠をかぶっている*瓔珞(ようらく)珠玉を紐でつらねた首飾りをかけているなどなど、他にもたくさんのアクセサリーを身に着けていて見た目がとてもゴージャスな菩薩様なのです!

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

納骨式を執り行いました

9月28日 西観寺やすらぎの樹木葬にて納骨式を行いました。早朝の清々しい空気の中、ご列席の皆様とご一緒に手を合わせました。

その後は毎月の護摩法要と阿字観瞑想です。終了後はお時間の許す方々とお茶会を!お茶菓子は虎屋の羊羹と、頂いた海老せんべい・・美味でございました。

西観寺では毎月28日に護摩法要と阿字観瞑想を行っております。お気軽にお越しくださいませ。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~

カテゴリー
news

お彼岸 瞑想

19日から25日は秋のお彼岸会です。西観寺では、お彼岸法要並びに お大師様法要を執り行いました。法要終了後は阿字観瞑想も行いました。

瞑想は、たった一呼吸でも意識を向けることで自分の中にある喜びに気付くことができます。瞑想が全ての問題を解決してくれる訳ではありませんが、日々の瞑想で心にある縺れがほどける感じを体験して頂けたらと、西観寺では定期的に瞑想会を行っております。落ち着きや澄んだ心持ちを取り戻しませんか。

次回の阿字観瞑想 9月28日(月)法要後11時~

~今日も皆様にとって幸せな一日となりますように~