カテゴリー
news

お茶を嗜む会を開催

21日に北九州西観寺で護摩焚きとお茶を嗜む会を行いました。お手前で出す抹茶には、ウィルス性の病気への抗体や、ウィルスと戦う際に必要な抗酸化物質カテキンやタンニンが多く含まれ健康にとても良いと言われています。

お茶をよく嗜んでいた、茶人の野村財閥 野村徳七氏、阪急東宝グループ創始者の小林一三氏、松下電器創始者の松下幸之助氏。お三方共 百寿近くまでお元気でいらっしゃいました。

本堂で和やかに、ゆったりとした時間を通して仏様とのご縁を深めました。次回護摩焚きは28日に執り行います。法要の後は一服いかがですか。

~今日も皆様にとって幸せな一日でありますように~